ありがとう!ぷる・はらみ

去年の5月31日午前10時10分

フレンチブルドッグの愛娘≪ぷる≫は亡くなりました。

そして3年前の5月22日にボストンテリアの≪はらみ≫も亡くなりました。

IMG_20130810_023351

 

私にとって5月は悲しい季節です。

 

お迎えする前は「お散歩めんどくさいな、部屋汚れるな~」とネガティブな思いをもちつつ・・・

迎えた瞬間に「恋におちました!」、、、同性ですが。

40歳になった私、こんなにも大切な存在になり自分のことより「犬」中心の生活に。

 

ぷるちゃんはチビちゃん時代から身体が弱く、大学病院では毎日安静は絶対!

6歳まで生きれたらと宣告。

でもお散歩は毎日たくさん、そして色々な場所にお出かけしました。

人が大好き!知らない場所が大好き!

毎日「今日は何時間かかるんだろう?」

けれど楽しそうな姿と、いつまで生きれるかわからない毎日を大切にしようと。

大変だったけれども、本当に楽しい幸せな10年と6か月でした。

 

腎臓がん告知からあっという間の3か月でしたが

手術後も戻らない食欲不振、肺に転移しても毎日の通院帰りには色々な場所に行きたがり

ホームドクターもびっくりな4時間ぶっ続け小走り散歩

酸素が手放せなっても最期の日まで大好きな病院に行くためによろよろでも玄関でも歩きました。

ガン告知をうけ私は仕事をほぼ休み、一緒にいれる大切さを過ごせました。

 

はらみちゃんは、元気全開のパピー時代が終わったころに散歩中に喘息のような音が?から

先天性の心奇形が判明しました。

すぐに紹介状をもらい大学病院で「手術をすれば元気に寿命まで生きれます」と言われ不安でしたが頑張ろう!必ず成功しますようにと願いました。

しかし願いは叶わず、身体が大きく手術に耐えられるようになった1歳7か月で術後意識が戻ることはありませんでした。

 

今年の5月はDog Okの当店に携わり、そして6月からオーナーになるとは去年の春には予想もしていませんでした。

 

今、ペット食育準指導士®講座を学んでいます。

学んでいる理由は愛娘達の育て方に間違いはなかったのか?が最初でした。

開店が決定し学びを深めることによって

食事だけでは健康になるわけではない!

一番は飼い主がいつも良き理解者であり、愛情をこめて接することが基本であると感じています。

 

毎日の楽しい愛犬との幸せな生活シーンの一部分に

当店≪Rocco=休息≫がお役に立てられたらと思っております。

 

一番Rocco Roccoではしゃいでいたであろう娘達がいないのは辛いですが

皆さまの幸せなわんこ生活を拝見させていただき

いつの日かまたお迎えする日がやってくるかもしれません。

その日まで、大好きなぷるちゃんと はらみちゃんの思い出を元気に変えて

頑張ります!

 

カフェ&ダイニングRocco Rocco代表 後藤麻衣子

 

 

 

 

 

 

カフェ&ダイニング Rocco Rocco

〒130-0002
東京都墨田区業平1-12-5福助ビル1F
電話番号:03-6456-1655
営業時間:定休日無し
月~土・祝前日 11:30~22:00(L.O)
日・祝日 11:30~21:00(L.O)